アンカーポイントに移動する アンカーポイント

台中観光トラベルサイト

アンカーポイント

六宝公園(戦車公園)

リリース日:2017/11/21 789

紹介

アンカーポイント
「六宝公園」は「潭雅神緑園道」の終点にあり、大雅区月祥路に位置しています。もとは軍用地でしたが、長く放置されていたため、台中市政府の再開発により、荒廃していた鉄道線路が遊歩道、公衆トイレ、休憩用ベンチ、東屋、広場を持つ公園に生まれ変わりました。
三台のM48A3戦車が展示されているため、「六宝公園」は「戦車公園」とも通称されます。これらは戦火をくぐり抜けてきた軍事兵器でここで余生を送っているのです。
公園内のM48A3戦車は、1950年の朝鮮戦争初期に、北朝鮮のロシア製T-34/85戦車に対抗するため米軍が開発したM48戦車の新型です。1950年10月、米国デトロイト戦車工廠で90mm主砲を配備した戦車の設計が始まりました。1952年7月1日クライスラー社は正式にT48戦車を発表し、パットン将軍式戦車と命名しました。

インフォメーション

住所
台中市大雅区月祥路

アクセス方法

関連写真

Top