アンカーポイント アンカーポイントに移動する

台中観光トラベルサイト

アンカーポイント

2022中台湾元宵ランタンフェスティバル

リリース日:2022-01-27 340
banner
活動時間
2022-02-12~2022-02-20
場所
台湾臺中市南屯区文心森林公園

「中台湾元宵ランタンフェスティバル」は1999年の開始以来すでに22回目を迎えます。台中市にとって大切な民俗行事で、每年百万人を超える人でにぎわいます。

COVID-19の流行が続いている期間中のイベント情報は公式サイトの発表を優先とします。

活動期間:2022/2/12(土)~2/20(日)
点灯時間:月曜~金曜 17:00-21:30/土曜、日曜 17:00-22:00
イベント場所:文心森林公園(台中市南屯区文心路一段289号;MRT文心森林公園駅)

活力にあふれ、楽しくてカラフルな「2022中台湾元宵ランタンフェスティバル台中虎耶YA!」は2月12日から20日まで、台中市の文心森林公園で開催されます!

「2022中台湾元宵ランタンフェスティバル台中虎耶YA!」は5テーマのランタンエリアに分かれ、30を超えるランタンと20の動くランタン、「花森好市文創バザー」が見どころです。エコフレンドリーというコンセプトを劇場型体験に融合させ、伝統の干支「虎」年のイメージをつなぎ、生態系をテーマとした展示を企画。シチュエーション型ランタンを設置します。日中は大規模なインスタレーション公園のようですが、夜間はあっという間にランタンの楽園に早変わり。台中の自然とアート力を表現し、コロナ禍後の都市の再生、経済復興の意義をも兼ね備えています。台中で、カラフルでアクティブな光の饗宴をお楽しみください。暮らしやすい都市-台中の真骨頂が感じられるでしょう。
メインランタン「台中虎爺」メインランタンとランタンエリアについて
メインランタン「台中虎爺」
10mの高さがあるメインランタン「台中虎爺」。「虎爺」は台湾語の「台中好野(台中富裕)、台中好耶(「富裕な台中、すばらしい台中」の意)」に発音が似ており、民間信仰における虎爺は魔除けと悪鬼払い、人々の健康を守り、子供と土地を守る神様です。台中の経済的な繁栄と活気を導くとの願いも込められています。

メインランタンショー
伝統的なランタン工芸と迫力ある音楽で構成される没入型劇場は、都市と生き物が共生する物語を伝えます。暗闇の中、幕が開くと、いのちのリズムが徐々に目を覚まし、森を守る虎爺もゆっくりと昇っていきます。そして森の中のあらゆる生き物を眠りから覚まし、生き物たちは共に踊り、目も眩むようなきらめく世界が繰り広げられます。
メインランタンショー時間:每日18:00、19:00、20:00、21:00に各1回
(2月12日開幕初日の第一回は19:20より)
メインランタンショー虎威笙風
森の王-虎爺が、まばゆいばかりのDancing Kingの姿で華麗に登場です。街も生き物たちもそれに合わせて踊り、十二支の動物たちも次々に踊りに加わります。台中だけの楽しいパーティの始まりです。
虎威笙風光速世界
回転する歯車、流れる電流、光を放つプリント基板のような図柄、テクノロジースタイルの異世界の登場です。6mの背丈を持つ巨人ロボットが、未来の台中-光速世界であなたを出迎えます。
鉄のパーツでロボットの身体の構造を作り出し、伝統のランタンを結びつける工法を用い、全体を見ると、あたかも未来世界へ通じる入口のよう。そして、頭部が回転し内部に光が投影されるのです!会場でこの衝撃をぜひ実際に感じてください。
光速世界52海洋
52ヘルツの孤独なクジラ。自分と同じ周波数で鳴く仲間の出現を待っている。8mの巨体が大きな尻尾を振って、大海原のゆるぎない物語をロマンチックに語ります。
「52ヘルツの孤独なクジラ」の物語から、海洋資源に対する配慮を呼び覚まし、また巨体を利用し、中に入れるインタラクティブなランタンを設計しました。「虎鯨(シャチ)」の身体を通り抜けるという、一味違ったランタンの楽しみ方を体験できます。
52海洋大地糧心
英雄の勲章を身に付けた農夫が土地に水を行き渡らせます。灌漑により、台中には健康的で愛らしい野菜や果物が育つのです。音楽に合わせて大地が踊り、会場で最もキュートなタップダンサーに化身します。
従来のランタン作りに使われる布の代わりに、リサイクル資材を用いました。日中はインスタレーションとして、夜間は外からの光と、水流のようなイルミネーションで、また違った雰囲気を楽しめます。
大地糧心虎假虎威
KUSO Master、想像力こそ超能力。トラは必ず威風堂々としていなければならない?虎姑婆(虎ばあば)は必ず子どもを恐がらせる?誰が言ったのでしょう?ここではトラ達はみな愉快でおもしろく、思いっきり笑わせてくれる存在です!
虎假虎威「台中虎耶YA」迎賓門
幾何学形状のカラフルな森をベンガルヤマネコ、カササギ、リスが行き交い、都会のシルエットが光の中に浮かび上がります。生き物との共存共栄を象徴する「2022中台湾元宵ランタンフェスティバル台中虎耶YA」のコンセプトを表現しているのです。
「台中虎耶YA」迎賓門
手提げランタン「波波虎」
手提げランタン「波波虎」1手提げランタン「波波虎」2デザインコンセプト:
タピオカミルクティーは1980年代の台中市で誕生。後に台湾を代表する国民的ドリンクとなりました。そのタピオカミルクティーは近年、世界中で異彩を放っています。誰もが片手にタピオカミルクティー。それはすでに世界各地で見られる光景となったのです。こうしてタピオカミルクティーは台中が世界に誇る美食の一つとなりました。
今年の手提げランタンは、タピオカミルクティーと2022年の干支「虎」を結びつけ、どう猛なイメージもある虎をキュートなミニ虎ランタンに変身させました。紙をカットし折り曲げれば、丸っこい頭の出来上がり。大きくつぶらな瞳、ぷっくりした爪をカップの縁に掛け、タピオカミルクティーのカップに寄り掛かっているようです。カップの上面ではミルクの泡が曲線を作り、キュートなストローも添えられ、直線的なカップにやわらかな印象が加わります。上にある丸い穴には、好みのストローやペンを差すことも。カップの内側にはタピオカをプリントしてあるので、点灯していない時には、ほんとうのミルクティーのようですが、点灯すると光が透過し、きらめくタピオカミルクティーに早変わりです!
カップの外側には、台中公園、歌劇院、高美湿地、太陽餅などの台中のランドマークと特産品が描かれており、シンプルで華やかなイラストで台中のイメージを伝えます。可愛く、創意がつまり、台中色豊かな手提げランタンです!
「波波虎」を提げて、「中台湾元宵ランタンフェスティバル」を見て回りましょう!

【手提げランタンの配布】
ランタンフェスティバル会期中の每日15:00ウェイティング開始/16:00配布開始
※お一人さま一個とさせていただきます。每日数量限定で、予定数に達し次第、配布終了となります。

花森好市
イベント日時:2022/2/11(金)~2/20(日)
営業時間:月曜~金曜 15:30-21:00/土曜、日曜 14:30-21:00

可憐な花々がランタンといっしょに満開です。
バザーの良いこと良いものが暮らしの光となります。

クリエイティブブランドのエネルギーが文心森林公園に充満しています!さまざまな分野の暮らしの達人が、それぞれ異なる風格の品々を出品します。地元の農産物、グラフィック創作、手作りグッズ、ヴィンテージ品、手土産ギフトショップの他、ライブパフォーマンスもあります!
「花森好市」は文心森林公園の芝生、ランタンの脇で行われます。「明日バザー」の「明日はもっと良くなる」との初志を貫き、歌声が響くバザーパーティーの開幕です。新年の幸運がバザーで生まれますように!

DM1DM2
※イベントは屋外で行われますが、コロナ禍の今、感染リスクを回避するため、マスクを着用し、密集を避けてお楽しみください。

関連写真

ページの先頭に戻る