アンカーポイント アンカーポイントに移動する

台中観光トラベルサイト

アンカーポイント

亜洲大学

リリース日:2021-08-13 2551

紹介

アンカーポイント
台中市霧峰区に位置する亜洲大学はバロック風建築の校舎と安藤忠雄氏設計の美術館を有する美しいキャンパスで知られています。
世界的に有名な日本人建築家、安藤忠雄氏設計の「亜洲大学現代美術館」は台中地区の新しいランドマークで、大学が所蔵する内外の著名作家の彫刻が展示されています。フランスの彫刻家、ロダンの「考える人」、「接吻」等、同じくフランス人彫刻家、アルマンの「勝利女神詩篇」等、ドガの「14歲の小さな踊り子」、台湾人彫刻家、楊英風の「有容乃大」、「鳳凰来儀」等、その数は百点近くに上ります。
亜洲大学のグラウンドはローマのコロッセオを模しています。「太極湖」と名付けられた池の畔には3000本のバラが植えられているほか、キャンパス内にはさまざまな花木もあるため、四季を通じて花が楽しめます。キャンパス内を散策していると、ここはヨーロッパかと錯覚してしまうかもしれません。
ここは親子連れのレジャーにもってこいの地であるばかりか、ウェディング写真撮影の人気スポットであり、ドラマ撮影や自動車、オートバイの広告撮影のロケ地としても頻繁に選ばれています。

インフォメーション

住所
台湾台中市雾峰区柳豊路500号

アクセス方法

ページの先頭に戻る