アンカーポイント アンカーポイントに移動する

台中観光トラベルサイト

アンカーポイント

南屯麻い文化館_犂頭店

リリース日:2021-12-03 438

紹介

アンカーポイント
台中市南屯区は台中盆地の文化発祥の地であり、古くは「犂頭店」と呼ばれていました。地名の由来は清朝の末期、農地開拓の需要が高まり、農具や鋤の刃を鋳造する店が増え、農具売買の中心であったことなのだそうです。

ここの人々は元は農家出身であることが多く、黄麻の長い繊維を使用して麻縄を作り、黄麻の若い葉(麻い)を食材としてよく使っていました。

地元の文学と歴史の研究者は、麻い産業と麻い文化を結びつけました。財団法人万和宮文教基金会を通して行政院文化建設委員会の指導を受け、民国93年に「麻い文化館」が設立されました。館内では犂頭店の歴史の岐路、麻い文化の発展などが説明されており、参観者は麻いについてより深く知ることができます。地元の文化研究チームは積極的に麻いの宣伝活動を行なっており、老街の菓子屋と合作し、麻いを使った新商品を開発しています。

インフォメーション

住所
台湾台中市南屯区万和路一段56号(万和文化ビル5F)
電話
04-23843199

サービス施設

  • 展示ホール

アクセス方法

ページの先頭に戻る