アンカーポイント アンカーポイントに移動する

台中観光トラベルサイト

アンカーポイント

大楊油庫

リリース日:2021-12-03 329

紹介

アンカーポイント
1950年代、台湾とアメリカは相互防衛協定を締結しました。同条約によって、当初の公共空港が拡張され、「清泉崗」空港は当時極東最大の空軍基地になりました。1962年にベトナム戦争が勃発すると、米国は北ベトナムのニーズに応えて、清泉崗空港を兵站基地として利用し、1966年には、B52爆撃機用に、米軍基地近くの清水区楊厝里に7つの石油基地を建設しました。その後ベトナム戦争が終結し、1979年の国交断絶に伴い、この地は軍事施設としての地位を失いました。現在、大楊石油貯蔵所は、唯一残された、米ベトナム戦争の文化的背景を持つ歴史的建造物です。

2014年、大楊油貯蔵所はレジャー用の公園へと姿を変えました。大楊油貯蔵所は園内で独特な存在です。平常は内部に入ることはできず、外側は防火壁、門、森に囲まれています。地方公共団体は、不定期でイベントを開催し、観光客を内部へのツアーへ招待します。

インフォメーション

住所
台湾台中市清水区厝里頂三庄路10−1号
電話
04-22290280

サービス施設

  • 駐車場

アクセス方法

ページの先頭に戻る