アンカーポイント アンカーポイントに移動する

台中観光トラベルサイト

アンカーポイント

太平蝙蝠洞

リリース日:2021-12-03 425

紹介

アンカーポイント
蝙蝠洞は、清朝の同治時代(西暦1862年)に太平林家が農地を灌漑するために掘った人工的な灌漑用水路であったと言われています。3つの山を突き抜け、頭汳坑渓の水を灌漑のため農地に引き込んでいたこの水路は、時代の移り変わりに従い、川の向こう側から徐々に姿を消していきました。
蝙蝠洞トレイルは、長さ880メートル、円形の生態学的なトレイルです。登山口にである百福橋は、「百匹の蝙蝠」を開発のコンセプトとした吊り橋です。百匹の蝙蝠という響きが中国語の「百福」に似ているからです。しかしこのように百匹の蝙蝠の存在を仮定しているだけでなく、実際にこの辺りは蝙蝠の大群が集まる場所でもあります。
蝙蝠洞は太平区でとても人気がある場所です。百蝙橋の休憩所が開放されると、多くの旅行者が集まります。中でも新しく建設された古風な設計の二本の橋は、上から谷川を眺めたり、虫や鳥の声を聞きながら自然を満喫することができます。

インフォメーション

住所
台湾台中市太平区中埔産業道路356号
電話
04-22289111

サービス施設

  • 公共のトイレが
  • 歩道

アクセス方法

ページの先頭に戻る