アンカーポイント アンカーポイントに移動する

台中観光トラベルサイト

アンカーポイント

台中市政府-新市政ビル

リリース日:2021-08-13 4039

紹介

アンカーポイント
台中市政府新市政ビルは西屯区にある行政庁舎です。台湾大道と文心路の間にあり、スイスのWeber+Hofer建築事務所が設計しました。近くの台中議政ビルとともに「台中新市政中心」を構成しています。
建物はガラスのカーテンウォールに覆われ、中央下方は吹き抜けになっています。外観は市庁舎が横方向に長い矩形で、市議会は直立式で短い矩形をしています。これを基本コンセプトに、週辺のオープンスペースと公園設計を発展させ、市政府と市議会の2棟の建物が協調と平衡を築いています。
ここでは公園は2棟をつなぐ役割を担いながら、市民と各国からの観光客の憩いの場ともなっています。中空になった議事堂の下に立ち、市議会ビルと周囲の公園、池を眺めると、一幅の風景画のような美しい景色を目にすることができます。

インフォメーション

住所
台湾台中市西屯区台湾大道三段99号

サービス施設

  • バス停留所

アクセス方法

ページの先頭に戻る