アンカーポイント アンカーポイントに移動する

台中観光トラベルサイト

アンカーポイント

楽成宮

リリース日:2021-08-13 2761

紹介

アンカーポイント
「楽成宮」は「台中旱溪媽祖廟」としても知られています。清代乾隆帝の時代に創建され、二百年余りの歷史を有するため、市定史跡に指定されています。正面入り口には精緻な作りの一対の青斗石獅子、神卓、石座が置かれているほか、多くの花崗岩石板が残り、「楽成宮」の二百年の歷史を伝えています。
「楽成宮」は台湾での開拓に成功した林大発の祖先が建立しましたが、後に集落が形成されたことで増築を進めました。ここは、あたかも地方の開拓史のように、先人の足跡を記録しているのです。
「楽成宮」は参拝客が非常に多く、またしばしば幸福祈願儀式も執り行われています。中でも主神である、縁結びの神、月老は人気が高く、「月老殿」では壁いっぱいに貼られた結婚式の招待状が見られます。これらはすべて月老が結んだ縁なのです。あなたも結婚運、恋愛運、良縁を月老にお願いしてみませんか?

インフォメーション

住所
台湾台中市東区旱溪街48 号

アクセス方法

ページの先頭に戻る