アンカーポイント アンカーポイントに移動する

台中観光トラベルサイト

アンカーポイント

篠雲山荘

リリース日:2021-12-03 650

紹介

アンカーポイント
篠雲山荘は同治5年(1866年)に呂炳南が張太夫人のために建設しました。完成時、呂の名声は響き渡っていました。呂には3種類の才能があり、呉子光は彼を、「海東三鳳」と呼んでいました。日本統治時代、篠雲山荘は再び、霧峰檪社の会員であった呂厚庵と呂薀白という二名の詩人を生み出しました。台湾が日本に統治された時、彼らは詩の教育に力を入れ、漢民族の歴史と文化を促進しようとしました。
篠雲山荘は水路が豊富であり、完全な防衛施設を持ちます。建物全体が清王朝、日本統治、中華民国と3つの時代を超えて守られてきました。異なる文化の特色を巧に組み合わせた建築は、歴史の流れを学ぶ上で非常に高い歴史文化財としての価値があります。台湾住宅の発展の縮図であり、とても珍しい場所です。居住者がいるため、予約訪問のみ受け付けています。

インフォメーション

住所
台湾台中市神岡区三角里大豊路116号
電話
04-22290280

アクセス方法

ページの先頭に戻る