アンカーポイント アンカーポイントに移動する

台中観光トラベルサイト

アンカーポイント

儒考棚

リリース日:2021-12-03 294

紹介

アンカーポイント
台湾府儒考棚は元は国家試験のために台湾全土から受験生が集まった場所でした。日本統治時代には臨時の警察署として使用されていました。大正7年(1918年)、役所の拡張工事と移転計画のため、警察クラブとして現在の位置に移転され、保存されることになりました。この移転の歴史は、清王朝の官署から日本統治時代の官公庁の都市へと変化した過程を示しており、文化財の保存と建築の研究において価値があります。

100年の歳月を耐えたこの建物は、現在国内に残されたわずかな清朝時代の試験用の建物の一つです。民国95年に市定古墳に指定されました。移転された歴史があるため建物の一部しか残っていません。市政府はこの文化資材を適切に保存するため、新旧にかかわらず様々な方法で清時代の建物の骨組みを保護し、観光客に伝統的な建築文化の素晴らしさを理解してもらうことに力を注いでいます。民国110年には民間企業に委託して、展覧会やコーヒーショップのある芸術的な空間へと姿を変えました。

インフォメーション

住所
台湾台中市西区府後街38−8号
電話
04-22216573

アクセス方法

ページの先頭に戻る