アンカーポイント アンカーポイントに移動する

台中観光トラベルサイト

アンカーポイント

一徳洋館_台中市の歴史的建造物、林懋陽旧邸宅

リリース日:2021-12-03 532

紹介

アンカーポイント
林懋陽旧邸宅は、1924年から1928年にかけて建設されました。神岡地区の林懋陽氏と北屯地区の頼端女史の結婚の際に建てられたので、建築形態は閩南の合院と、近代日本の洋風和式木造住宅を融合させています。その中でも、合院の赤煉瓦の壁や、円筒形のアーケード、2階建ての一戸建て煉瓦造りの建物は、当時とてもオシャレで革新的な「豪邸」でした。2007年に歴史的建造物として登録され、2015年に修復が完成したため一般公開されました。台中で最新の複合アートスペースです。このユニークな建築物は、観光やウエディングフォトの撮影の場として人気があります。

インフォメーション

住所
台湾台中市北屯区文昌東十一街14巷1号
電話
04-22290280#606

サービス施設

  • 公共のトイレが
  • バリアフリートイレ
  • 出入り口スロープ

アクセス方法

ページの先頭に戻る